水=美容・健康・ダイエット - ウォーターサーバーライフ

「水=美容」の関係

水とお肌の美について

赤ちゃんの肌はツルツルプリプリですが、この理由は大人よりも水分量が多いため。成人の場合、身体の約60%が水でできていますが、乳幼児だとなんと約80%が水でできているのです。
そして年齢を重ねるごとに体内の水分量は失われていき、高齢になると水分量は約50%にまで低下。水分が減少することでシワが増えて肌がカサカサになるといったように、実は美容と水分は切っても切り離せない重要な関係にあるのです。
女性の多くの方が、常にハリのあるお肌を保とうと、化粧水などで日々お手入れをしているかと思いますが、実は外から潤いを保つよりも、中から潤いを保つほうが効果的ということをご存知でしょうか。
化粧水やパックなどでのお手入れももちろん効果的ではありますが、お肌の表皮の新しい細胞は内側から作られるもの。そのため、外部から化粧水などで働きかけるよりも、内側から水分補給することで働きかける方が重要だといわれているのです。
つまり、毎日十分な量の水を摂取することが美容には大切。そして水は良質なものを摂取することが、何より重要なのです。
良質な水と一口にいってもピンとこないかもしれませんが、水道水のようにカルキや塩素が含まれた水ではなく、ミネラルウォーターなどがおすすめ。宅配水のウォーターサーバーでは、様々な種類の水を選ぶことができるため、口コミや評判などを比較して、ご自身にあった水を探してみてはいかがでしょうか。
毎日身体に良い水を十分摂取すると、皮膚を形成するタンパク質の代謝が活性化し、肌のうるおいをキープ。一般的に肌内部の基底層から角質層まで細胞が移動するのに14日かかるといわれていますが、身体の水分が適度に保たれることで、この新陳代謝が上手く行われるのです。
十分な水を補給する事で新陳代謝が良くなると、お肌のプルプル感に欠かせないコラーゲンが生成。つまりは水をたっぷりと飲むことこそが、細胞の老化を防ぎいつまでもみずみずしい肌を保つことに繋がるのです。

水と健康美について

健康と美容は切っても切り離せません。ダイエットをしていても、病的に細いのでは全く魅力はなく、健康的に痩せてこそ、魅力がアップするからです。
モデルさんや女優さんは水を沢山飲むという話を良く耳にしますが、彼女たちは水を沢山摂取することで、身体の循環を良くしています。そして身体の約60が水でできていることから、水がいかに美容維持にも健康維持にも必要なのか、知っているのです。
人の身体の水分のうち、10%が失われると健康が脅かされ、20%が失われると死の危険に脅かされます。なかでも酸素や栄養素などを身体の各組織へ運ぶ血液の主成分は水。そのため、血液がドロドロになると酸素も栄養素も上手く届かず、血栓ができて脳梗塞などになる可能性もあるのです。
そして血液は栄養素を運ぶだけでなく、体内の不要なものを腎臓へと運ぶ役目もあります。腎臓へと運ばれた不要物はろ過され、尿として体外へ排出されるのですが、ここでも水分が不足しているとうまく尿が排出できないことから、膀胱炎や腎盂腎炎といった病気になる可能性があるのです。
つまり身体に良いものを運び、悪いものを排出するためにも、水分補給は重要なもの。健康美を目指すのであれば、水分補給は必須条件というわけなのです。
そして美容と健康のためにも絶対に水分補給を行って欲しい時間帯が、入浴前後。半身浴をしている方は、お風呂で大量の汗をかいているでしょう。汗をかくと気持ちが良いですが、その分血液の成分はドロドロになっているため、実は健康に良い状態とはいえません。サウナや半身浴をするのであれば、必ずかいた汗の分だけ良質な水を摂取すると、より新陳代謝がよくなりデトックス効果が得られるのです。
「ダイエット目的でせっかく汗をかいたのに…」と思う方もいるかもしれませんが、汗を出してもやせることはありません。体内の水分循環を良くすることこそが、ダイエットへの近道なのです。また、入浴後には冷たいビールを飲みたくなることもあると思いますが、ビールには利尿作用があります。そのため尿として体内の水分が排出されてしまうので、実は水分を補給しているつもりでも、脱水を自ら起こしているのと同じなのです。ですから汗をかいたあとは、良質な水を飲むようにしましょう。
最も効果的な飲み方は、水を一気にガブガブと飲むのではなく、10度くらいに冷えた水を一口ずつかむようにして飲むことです。ウォーターサーバーの場合、わざわざ冷蔵庫で水を冷やさなくとも常に冷えた水が飲めることから、美と健康のためにもウォーターサーバーを導入してみてはいかがでしょうか。また、寝ている間も入浴同様に多量の汗をかくため、睡眠前と起床後にもコップ1杯程度の水を飲むことが望ましいです 。

水とダイエットの関係について

モデルさんや女優さんなどは、水を沢山飲むイメージがあることから、「沢山水を飲むとやせる」と皆さん思っているのではないでしょうか。しかし実は「水を飲めばやせる」のではなく、水には「ダイエットを促す効果がある」というのが本当のところなのです。
水と健康の欄でも記載したように、体内の水分循環が上手くいってこそ、身体のなかの不要なものが排出されます。つまり、水を沢山飲むことでデトックス効果を高めているのです。
なかでもダイエットには「硬水」がより効果的であるといわれています。その理由は、硬水はダイエット中に不足しがちな栄養素やミネラル分を多く含むため。食事制限による栄養障害を防ぐ役割を果たすからです。さらには硬水に含まれるミネラル分は便秘の解消にも繋がることから、身体の不要なものを早く排出するには硬水が良いといわれているのです。
硬水は味に少々癖がありますが、冷たく冷やして飲むと、キレがあり飲みやすくなります。また、ダイエット時に冷たい水を飲んで体温を下げると、下がった体温を上げるため新陳代謝が活発になり、エネルギーの燃焼を促すのでダイエット効果がアップ。味に癖のある硬水を冷やして飲むことが、ダイエットの近道なのです。
ただなかには、「水太り」という言葉から「水を飲みすぎると太るのでは…」と思う方もいるようですが、水で太ることはありません。そもそも水太りとは、体内の余分な水分が上手く排出されず浮腫んでいる状態のこと。水分を取り過ぎると浮腫むと思われがちですが、実際は水分不足で体内の循環が上手くいかず、体に残ってしまった老廃物が原因で浮腫みとなるのです。
そのため浮腫みや水太りを解消したいのであれば、今よりもっと水を飲みましょう。ダイエット中の水分摂取量の目安は、1日2リットル。水そのものにカロリーはないため、多量の水を飲むことで胃も満たされ満腹感が高まり、結果的にダイエットにつながることもあります。

業界最安値のアルピナウォーター

アルピナウォーター

アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05 (超軟水)