赤ちゃんのための水 - ウォーターサーバーライフ

赤ちゃんのための水

赤ちゃんにも安心のピュアウォーター

生まれたばかりの赤ちゃんは消化吸収能力が弱く、排泄機能も未熟です。そのため硬水などミネラル分が豊富に含まれている水を赤ちゃんに与えると、臓器に負担をかけてしまう可能性があるのです。
ミルクを作る際にミネラルウォーターを使用している方もいるかと思いますが、実は軟水であってもミネラルウォーターにはミネラル分が含まれています。ミルクや離乳食をあげる際には、なるべくミネラルの含まれていない軟水かミネラル成分がほとんど含まれていないピュアウォーターがベスト。なかでもピュアウォーターには不純物が含まれていないので、抵抗力の弱い赤ちゃんにでも安心して飲ませてあげることができます。
また粉ミルクの成分は、赤ちゃんの成長を考えたミネラルバランスが計算され配合されているのですが、ミネラルを含む水を使うと、ミネラルの過剰摂取になる可能性もあります。このように栄養バランスを考えた上でも、ミネラル分を含まないピュアウォーターは、赤ちゃんの健康にとって最も安心して飲ませてあげられる水といえるのではないでしょうか。
ピュアウォーターはあまり耳慣れない水ではありますが、日本語では「純水」と呼ばれ、コンタクトレンズなどの消毒に使用されます。ただし薬局で販売されている純水は飲用ではないため、絶対に赤ちゃんには与えないでください。
飲用のピュアウォーターはスーパーなどではあまり販売されていませんが、ウォーターサーバーでは多くの水宅配メーカーが取り扱っています。ピュアウォーターはミネラル分だけでなく、菌やウィルスといったものも除去されていることから、赤ちゃんには最適な水といえるでしょう。
ウォーターサーバーの場合、わざわざ重い水を買いに行かなくとも自宅まで宅配してくれるため、赤ちゃんがいてなかなか買い物に行けないママさんにもおすすめです。ピュアウォーターであっても、メーカーごとにサービス・水の採水地・処理方法・価格が異なるため、口コミなどを参考に選んでみてはいかがでしょうか。

年齢や性別、体型によって変わる水の量

老化とは、体内の水分量が失われる過程であるとも言えるのではないでしょうか。新生児は体重の約80%が水分。そして成人になると体内水分量は60%にまで減少し、最終的に老人になると50%以下になる方もいるのです。これは細胞内の水分量が減ることで起こる現象。水分が減ることで皮膚が収縮し、シワとなって体の表面に現れるのです。
また、太っている人は身体が張っていることからシワが少なく思えますが、体内の水分量は脂肪が多い人ほど少ないのです。なかには老人でないにもかかわらず、体内の水分量が50%を切る肥満の方もいるため、太っているかたこそ、沢山水分を摂取するようにこころがけましょう。
そしてこの脂肪が多い人ほど体内の水分量が少ないという傾向は、性差による脂肪量にも関係しています。一般的に女性の方が男性よりも脂肪の量が多いため、体内の水分の量は男性よりも女性の方が少ない傾向にあります。女性の方が、むくみや便秘に悩まされている方が多いイメージがありますが、これは体内の水分量が少ないことからむくみや便秘が起こっているのです。つまり、女性の方が男性よりもより水分を摂取する必要があるといえるのです。
なかには「水分を取っているのに太っている」と思う方もいるでしょうが、実は水分よりも糖分の多い清涼飲料水や利尿作用のあるコーヒーや紅茶などを摂取しているのではないでしょうか。
水分を取るから太るのではなく、糖分を摂取しているから太る。そしてカフェインなどを含むものを飲むから、尿として体内の水分が排出され、身体が水分不足になっているのです。
意識して「水」を飲み、体内の水分量を高くすること。これこそが、老化防止や体脂肪の減少に繋がるのです。赤ちゃんのときのような水分量をキープすることはもちろん不可能ですが、緩やかに年齢を重ねるためには、水分補給が重要なのかもしれません。

赤ちゃんの生理活動と水の密接な関係

新生児の身体の水分量が成人よりも約20%以上多い理由は、成長期の子供は盛んな生理活動を行うため。なかでも新生児は1日の時間の約65〜80%もの時間を睡眠に費やすため、その分汗をかく量が多いのです。また消化吸収力が弱いことから、おしっこやうんちの回数も多く、常に体内から多量の水分が失われている状態なのです。
生後2ヶ月くらいまでは、睡眠・授乳・排泄・呼吸といった生理活動の繰り返し。激しい運動はしないものの失われる水分が多いため、新生児には一日に何度も授乳をし、沢山の水分を取らせるようにしなくてはならないのです。
このことから分かるように、仕事や家事育児など、何か特別な活動をしなくとも、人間は常に水分を失い続けているのです。つまり、人間が1日に失う水分量は生理活動によるものがほとんど。何もせず家でゴロゴロと過ごしていたとしても、身体の水分は常に失われているのです。
なかでも寝ている間は気づかないだけで多量の汗をかき、かなりの水分が失われています。例えその日1日何もせず寝るだけであっても、寝る前と寝起きには必ずコップ1杯程度の水分補給を行うようにしましょう。
寝起きに水を飲む習慣をつけるのであれば、ウォーターサーバーの導入がおすすめです。朝起きたときにサーバーからキリッと冷えた水を飲むだけでも、その日一日が爽やかに始まるのではないでしょうか。事実、ウォーターサーバーを設置したことで水を飲む習慣ができ、水分補給をする癖がついたという口コミもあるため、これまであまり水を摂取しなかった方ほど、常に近場に飲み水がある環境を作ることをおすすめします。

ハワイアンウォーター

ハワイウォーター(ハワイ生まれのピュアウォーター)

ハワイウォーターはピュアで安全なおいしいお水。ミネラル分を一切含まないウルトラピュアなお水です。